仲介手数料無料の仕組みについて

不動産賃貸の場合に、あっせんして賃貸契約が成立した場合には、借り手は普通約一か月の賃料を紹介会社に支払います。またオーナーである貸し手も同じく仲介手数料として約一か月の賃料程度のお金を支払います。仲介業者は双方を代理しているのと同じなので当然に双方から仲介手数料をとれるわけです。しかし最近では、この仲介手数料無料で行う業者もあり、借りる側にとって初期の費用は掛からず有り難いです。仲介手数料は双方からとるはずなのにではどうしてこのような仲介手数料無料の方法がとれるのか言いますと、実は借り手分をオーナーサイドが負担しているからで、これはオーナーの物件が空き部屋にならないための施策なのです。つまりオーナーにとって空き部屋は単に維持費用がかかるだけで何の利益を生みません。なかなか借り手が現れないのをずっと待っていても問題は解決しないので、手数料が倍になっても一時的なものなので確実に部屋がうまるほうがいいからです。場合によっては部屋があまりにも不人気なので、オーナーサイドから契約成立時に仲介手数料以外にも仲介会社に報奨金を出すこともあり、不動産賃貸仲介会社が何気なくお勧めする物件にはこうしたものもあることが多いです。

4007

エンドユーザーに対する仲介手数料無料

不動産仲介会社の売り上げのほとんどは、不動産物件の賃貸・売買媒介による、仲介手数料が占めていると言っても過言ではありません。近年では、この仲介手数料無料とすることを大々的に謳い、エンドユーザーを誘引する不動産仲介会社が増加しています。我々からすれば、喜ばしい話ではありますが、ではなぜ急に仲介手数料を無料とできるのか気になります。今回は、仲介手数料の簡単な仕組みや無料とすることができるのかなど、述べていきます。先ず、最初に仲介手数料の簡単な仕組みからですが、不動産仲介会社は、売主(貸主)と買主(借主)の売買(賃貸)契約がスムーズ且つ問題なく成立するよう、当該取引の間を取り持つ媒介行為を行い、その対価として仲介手数料を得ることができます。仲介手数料の額については宅地建物取引業法などにより規定化されてますが、割愛します。この仲介手数料は、媒介する不動産会社が1社であれば、双方から取得することができます。この仕組みを理解したうえで、エンドユーザーからの仲介手数料を無料とすることができるのかを考えてみると、答えは明らかです。つまり、本来買主から得るべき手数料を売主から得ているのです。また、広告料という名目で、家賃の1ヶ月分程度の金員を売主から別途得ていることもあり、この金員によって賄っています。このようなビジネスモデルを構築することで、エンドユーザーに対する仲介手数料無料とできるのです。

Copyright ©All rights reserved.仲介手数料無料の仕組みについて.